Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« The PREMIUM MALT'S Festival 2016はビール好きなら絶対に行くべき! #サントリー #プレミアムモルツ | トップページ

2016年9月25日 (日)

第10回 ざ・3Mセミナー「3Mとクルマの素敵なカンケイ♪」 #3mjp

2016年9月13日、3M本社で開催された標題のセミナーに参加してきましたよ。

3M-51

   
 

 

クルマ(自動車)にとって大切なことってなんでしょう?

性能? スタイル? 価格?

 

思うところは人それぞれにあるでしょうけれど、今回のセミナーでは”カッコ良い”や”快適!”に注目した3Mの技術(製品)が紹介されました。

3M-8

 

■ 3M(TM)アクリルフォームテープ

アクリル発泡体を使った超強力な両面テープです。自動車用としては内装用と外装用、2種類がラインナップされています。

これがどんなところに使われているか?と言うと…

3M-11

具体的なパーツで見ると

3M-12

そう、クルマの前や後に付いているエンブレムはこのテープを使って車体に装着されているのですね。

 

このテープ、特に外装用の接着力はとても強力なのだそうで、剥がそうとするとテープ部分を削るようにして取るしかないのだとか。

実は愛車(ビッグスクーター)の外装を交換した際にエンブレムを剥がそうとしたらとても苦労しました。きっとこのテープが使われていたのですね。

■ 3M(TM)シンサレート吸音断熱材

続いての題材は吸音素材。

3M-13

これは3M社が得意とする不織布素材の一つで、軽量でありながら高い繊維密度を持つため吸音性、断熱性に優れているそうです。

 

ここで「シンサレート?聞いたことがあるな」と思った方、鋭いです!

3M-14

シンサレートは1960年代に開発され1979年に商品化された衣料用高機能中綿素材なのです。スキーウェアなどアウトドアウェアの中にこの名を見たことがある人も多いかと思います。これを自動車用部材に転用するとは、3M社にとって一粒で二度美味しい製品と言う事になりますね。

さて、シンサレートが持つ吸音の仕組みはこの様になっています。

3M-19

空気の振動として伝わってくる”音(ノイズ)”を大小絡み合うシンサレートの繊維が”粘性消散”、”内部摩擦”の力によって熱エネルギーに変える事で音を吸収、小さくするというものです。

少々難しい理屈はさておき、実際にデモを見て(聞いて)みましょう、と言う事になりましたが、このデモ機器は残念ながら非公開と言う事で写真がありません。

で、このシンサレート、クルマのどこに使われているのか…

3M-23

結構、車体のあちこちに使われていますね。

 

ダッシュボード内側での使用サンプルも見せていただきました。

3M-24

これはドイツの某高級車メーカーのものだそうですが、シンサレートが背面にかなりの量で埋め込まれていることがわかります。高級車が持つ静粛性は一つにこの様な吸音材を大量に用いることで達成されているのですね。

3M-25

と言う事はですよ。私が使っているトヨタの大衆車でも効果的にシンサレートを施工すれば高級車並みの静粛性を手に入れることができる?事に。いや~、これは実に興味深い素材ですね。

■ 3M(TM)ライトストリング

これはLED光源専用の光ファイバーで長く均一な線上の発光を可能にするものです。

3M-28

その特徴は通常の光ファイバーと異なり、コア内部に光を拡散させる部材を入れる事で効率的に発光させるところにあります。 

3M-30

サンプル品を光らせてみるとこんな感じ。

20160913_144715000_iOS    
(写真提供:伊藤浩一氏)

光源を変えると雰囲気はガラリと変わります。

3M-32

クルマのどこに使われているかと言うと…

3M-34

例えばダッシュボード上部に黄色のイルミネーションで装飾したり、

3M-39

なんと最近の観光バスにも車体のオーナメントや内部照明にも使れていたりします。

3M-40

直線状だけでなく曲線状にも装着出来て、しかも様々な色彩を放つイルミネーションは夜間走行を楽しませてくれるスパイスと言えそうですね。

   

■ まとめ

今回のお題、「3Mとクルマの素敵な関係♪」で紹介されたクルマ用の素材群はカタログスペックに表される様な、例えば動力性能を向上させる目的の物ではなくて、むしろ外からは判らず目立たないものだったり、あるいはクルマの存在そのものを際立たせるものだったり、言うなれば縁の下の力持ち的な性格のモノばかりでした。

言い換えればカタログ上では表現しにくいクルマの快適性を創り出すための部材だと言う事です。この様な要素技術の開発・製品化は自動車メーカー単独ではハードルが高く、歴史ある化成品メーカーである3M社の得意とする分野です。

3M-41

3M社には46からなるテクノロジープラットフォームがあり、これらの要素技術を巧みに応用することで多岐に渡る製品を開発・提供し続けることができるのですね。

また一つ、3M社の奥深さを知ることになったセミナーでした

 

■ プレゼントのお知らせ

本ブログをご覧になった方から抽選で5名の方に今回のセミナーで紹介された3M社の製品詰め合わせをプレゼントいたします。

応募は下記のフォームから。

第10回 ざ・3Mセミナー開催記念 プレゼントフォーム

なお、締切は10月10日23:59までとなっております。是非ご応募下さい!

 

■ 関連サイト

3Mジャパン

スコッチ(R) 超強力両面テーププレミアゴールド 自動車内装用

スコッチ(R) 強力両面テープ自動車用[外装]

 

 
 

« The PREMIUM MALT'S Festival 2016はビール好きなら絶対に行くべき! #サントリー #プレミアムモルツ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/64242121

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回 ざ・3Mセミナー「3Mとクルマの素敵なカンケイ♪」 #3mjp:

« The PREMIUM MALT'S Festival 2016はビール好きなら絶対に行くべき! #サントリー #プレミアムモルツ | トップページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ