Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« T-falのフライパンをリユースする(フッ素樹脂再加工) #Tifal | トップページ | インフラを支える3Mの技術とは?第8回ざ・セミナー「ら・ら・ら♪インフラ、3M!」に参加した話(前編) #3mjp »

2015年9月22日 (火)

ポスト・イット ノートの秘密に迫る!「ざ・3Mセミナー第7回 やっぱり知りたい、ポスト・イット(R)ノート!」 #3mjp #ポスト・イット ノート

2015年9月9日(水)、久しぶりにスリーエムジャパン(株)が主催する「ざ・3Mセミナー第7回 やっぱり知りたい、ポスト・イット(R)ノート!」へ参加してきました。

いやー、普段何気なく利用しているポスト・イット ノートですが、製品化に至るまでの逸話が興味深かったです。

そして数あるバリエーションの中から実用上ピカイチなポスト・イット ノートを知ることが出来ました。今回はこれが最大の収穫ですかね。(詳しくは本文で)

IMG_0446


今回のセミナーも恒例によりブログ「みたいもん」のいしたにさんによるオープニングトークから始まりました。その内容はこちらをどうぞ!

ざ・3Mセミナー 「薄くてスゴイ、その名はフィルム!」 #3mjp

IMG_0349

 

その隣でMacBookとにらめっこしているのは「文具王」こと高畑正幸氏、どんな話をしてくれるのか、とても楽しみです。

【豆知識 その1】

3M社のポスト・イット ノートは「ポストイット ノート」が正式名称であり「ポストイット」ではありません。「ポスト」と「イット」の間には「・(中黒)」が入ります。

 

■ ポスト・イット ノートの歴史

ポスト・イット ノートの誕生は今を溯ること50年近くも昔の話、なんでも超強力な接着剤の開発・研究を進める中で目標スペックを全く満たさない接着剤ができました。常識的に考えればこう言うモノは失敗作であり捨て去られるのですが、転んでもただでは起きなかった!この失敗作から後のポスト・イット ノートが生まれることになるのでした。

IMG_0353

それにしても、ですよ。始めの失敗作誕生が1968年、そして製品化されたのが1980年。実に12年もの歳月を費やしている訳ですね。3M社には「15%カルチャー」と呼ばれる文化があり、それは研究者が「ビジネスに役立つ」と考えれば本来テーマとは別に終業時間の15%を充てられるというもの。

 

■ ポスト・イット ノートの秘密それは球状の接着剤にあり

さて、ポスト・イット ノートが持つ「貼って剥がせる」を達成する基幹技術である「接着剤」のお話しです。その仕組みは実にシンプルなものでして、

IMG_0370

 

ずばり、「糊が球になっているから」なのでした。しかしこの球、単なる球では無く、

IMG_0380

つける前は球状なので接触面積が小さく、

IMG_0381

押さえつけることによって球がつぶれて接触面積が広がりしっかりとくっつき、

IMG_0382

剥がす時は元の球形の戻るので接触面積が小さくなるので綺麗に剥がせる、と言う訳です。

模型を使ったデモがまた秀逸、実に判りやすい!

IMG_0376

そんなポスト・イット ノート、現在世界150カ国以上で販売され、実に4000を超える種類がラインナップされているそうですよ。日本国内で販売されているものだけを並べてみてもこの位。いや、こんなにあったとは驚きでした。

IMG_0449

 

■ 違いがわかる男の付箋講座 by 文具王

そしていよいよ文具王こと、高畑氏の登場です。

IMG_0390

その内容は、ポスト・イット ノートと類似他社製品を比較してみたもの。

IMG_0392

とっかかりは”夏休みの自由研究”なんですが、突っ込み方はさすが文具王です。

IMG_0397

平面への貼り付けでは差が出ない、と言う事なのでしょう、スプレー缶を使って曲面へ貼り付けてその密着性を比較してみたり、

IMG_0399 IMG_0402

本当に球状の糊なの?を確かめるために接着面を拡大観察したり、

IMG_0406 IMG_0419

書き心地への差違を比べる為に接着剤の残り加減をインクを使って比較してみたり。あくまで文房具的視点から比較実験を組み立てる辺りが流石ですね。

で、各種実験から得られた文具王の結論は

「迷ったらポスト・イット ノートを買っておけ」

つまり接着性の良さ、あるいはメモとしての書き心地の良さなど総合的に見ればポスト・イット ノートを上回る付箋は無いと言う事なんですね。

【豆知識 その2】

「付箋」は覚え書きを一時的に書類などに貼り付ける小さな紙の事を指し、大きさの定義は日本で生まれました。つまり「付箋」とはその小紙片のサイズを表し、ポスト・イット ノートのように貼って剥がせる紙を表す単語ではありません。
(実は貼って剥がせる紙の事を付箋だと長年認識してました)

 

■ その他の3M社の接着技術

「貼って剥がせる」接着剤だけが3M社の技術ではありません。本来の目的である「強固な接着力」を持つ接着剤もちゃんとありました。

それがこれ、「3M VHB アクリルフォーム 構造用接合テープ」です。

IMG_0428

どれだけ強力な接着力があるのか、と言う実演デモ。

IMG_0442

椅子と金属フレームを上述の接着テープで貼り合わせています。大人三人がこの椅子に載っても剥がれる事はありませんでした。(むしろ三人分の重量で台座がしなってしまった位です)

間違って貼ってしまったらどうするのだろう?などと余計な心配をしつつ、これこそが47年前にスペンサー・シルバーが造りたかったモノなのだろうなぁ、と思うと実に感慨深いデモでありました。

 

■そして私的に最も実用的だったポスト・イット ノート

それは「強粘着」タイプのポスト・イット ノートです。

切っ掛けは3M社中の人に「車中でポスト・イット ノートを貼っても直ぐに剥がれて落ちてしまう」と相談したところ、「それなら強粘着タイプですよ!私も使ってます」と即答された事です。

IMG_3329(2)

この商品の存在は知っていましたが単に粘着力が強いだけで接着力はさほど強いとは思っていなかったのです。特に車のダッシュボードのように被接着面に微妙な凸凹が存在する場面では通常タイプと大差はないだろう、と。

で、本セミナーでサンプルにいただいた強粘着タイプのポスト・イット ノートを1週間ほど車内で使いまくってみました。

その結果は

「強粘着の謳い文句はダテではなかった!!」

でした。

IMG_3330(2)

通常タイプではダッシュボードに貼り付けてから30分もしないうちに剥がれ落ちていたのですが、強粘着タイプは半日の間ほとんど落ちる事はありませんでした。今までの気苦労はなんだったのか?と思い返さずにはいられない1週間だったと言っても言い過ぎではありません。営業で社用車を運転する方などに強くお勧めできる一品です。

 

■ 最後に読者プレゼント(締め切りました)

今回3M社さんのご厚意で本記事を読んで下さった方の中から抽選で各種ポスト・イット ノートを含む3M社製品の詰め合わせをプレゼントしていただく事となりました。

是非、下記リンクからご応募下さい!(締切は9月30日23:59まで) 

○第7回 ざ・3Mセミナー開催記念 プレゼントフォーム

※10月2日追記

上記読者プレゼントは9月30日に〆切となりました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

■ 関連リンク

ポスト・イット(R)強粘着モバイルメモ

3M(TM)VHB(TM)アクリルフォーム 構造用接合テープ 接合維新


« T-falのフライパンをリユースする(フッ素樹脂再加工) #Tifal | トップページ | インフラを支える3Mの技術とは?第8回ざ・セミナー「ら・ら・ら♪インフラ、3M!」に参加した話(前編) #3mjp »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/62262696

この記事へのトラックバック一覧です: ポスト・イット ノートの秘密に迫る!「ざ・3Mセミナー第7回 やっぱり知りたい、ポスト・イット(R)ノート!」 #3mjp #ポスト・イット ノート:

« T-falのフライパンをリユースする(フッ素樹脂再加工) #Tifal | トップページ | インフラを支える3Mの技術とは?第8回ざ・セミナー「ら・ら・ら♪インフラ、3M!」に参加した話(前編) #3mjp »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ