Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« そして三度目の「薫り華やぐヱビス」は期待を裏切らないビールです #ヱビスビール #サッポロビール | トップページ | コクヨハク2015に行ってみた話 #コクヨ #コクヨハク »

2015年3月16日 (月)

徹底した実用主義のデジタルウォッチ「カシオ(CASIO) F-84W-1」

先月より始まった新しい仕事のために、腕時計を新調しました。と言っても多機能なモノでも今話題のSmartWatchでもありません。「超」が3つほど付きそうな、とてもシンプルなデジタルウォッチです。

DSCF0395

新たに始まった仕事は屋外で従事することが多くなるため、これまで使ってきたようなデザイン重視の腕時計では直ぐに壊れてしまうであろう、と言う懸念から「仮に半月で壊してしまっても惜しくない」と言う経済性重視で選ぶ事にしました。

この時、ふと思い出したのがネタフルにあった以下の記事です。

【カシオ】レビューを読んで977円の腕時計を買いました → 88歳男性「恐らくわが生涯最後のウォッチになるでしょう」

ここで筆者のコグレさんはAmazonのレビューを見て購入を決めたそうです。それも使用感や機能に関する事ではなく、レビュアーの感性(購入動機)にグッときて購入を決めたのだそうですよ。流石、ネットウォッチャーですね。

と言う事で、私もその感性に則って選ぶ事にしました。但しコグレさんがチョイスしたメタルバンドの物ではなくプラスチックバンドのタイプです。その理由は単純で「メタルバンドは重いから」と言う一点にあります。

そして購入したのが「カシオ F-84W-1」と言うデジタルウォッチです。

DSCF0394

 

■ インプレ

この腕時計、機能はとてもシンプルで

  1. 時刻モード 
  2. アラームモード 
  3. ストップウォッチモード

の3つしかありません。

強いてさらに機能を挙げるならば「カレンダーモード」なのでしょうけれど、これは時刻モードで常に表示されていますし、月が表示されず、日・曜日だけなのでカレンダーとしては機能不足です。

以上のように昨今の多機能な腕時計と比べると極めて貧弱なスペックとも思えますが、それが却って功を奏しており、必要十分、いや購入費用を考えるとそれ以上の使用感が得られています。以下にその例を挙げてみましょう。

 

その一、時刻を確認しやすい!

腕時計本来の機能、それは「時刻を確認する」ことにあるのは言うまでもありません。本製品には余計な機能がないだけに、シンプルに現在時刻が表示されています。よって知りたい時刻を一目で把握することが出来ます。

気温だとか潮の干満だとか、その様な情報は私の日常には全く必要ありません。それでも表示されてしまうと嫌でも目に止まってしまいついつい見てしまいます。で、しばらくしてから本来の目的である時刻を知ることになるのです。その間、僅か十数秒ですがその短時間を浪費してしまった感がないのは精神衛生上にもとてもよろしい感覚です。

その二、薄くて軽い、存在感フリー!

本製品の重量は僅か約20g。装着してもその重さを感じることはほとんどありません。

DSCF0399

しかも薄いのでシャツの袖に引っかかるようなこともありません。時々意識して袖を引いてみないと付けていること忘れてしまいそうです。

その三、狂いが少ない

本製品の仕様によれば、平均月差は±30秒以内とされています。購入してから約1ヶ月が経過した現時点で、宅内電波時計(これで時間を合わせました)との差はマイナス5秒。一般的なデジタルクオーツとしては極めて正確に時を刻んでいると言えるでしょう。

実生活においてここまでの正確さは要求されませんが、流石、国産ブランドの雄「カシオ」はここにあり!言ったところですね。

 

■ まとめ

この腕時計、実物を確認することなく、コグレさんのインプレと価格だけで購入を決めてしまいましたが、その使い勝手はすこぶる良くて衝動買いした甲斐がありました。

またデザインは昭和の薫りを強く残すレトロな感じ。平成の現代ではかえって新鮮さを感じさせますね。

なにより、税込みで千円しないと言う実売価格にして充実した基本機能、「安かろう、悪かろう」は一切なく、コストパフォーマンスは極めて高いと思います。

来週には話題のApple SmartWatchが発売されますが、腕時計本来の実用的な機能を重視される方は一度カシオのMEN'S DIGITAL F-84W-1を検討してみてはいかがでしょうか。

 


« そして三度目の「薫り華やぐヱビス」は期待を裏切らないビールです #ヱビスビール #サッポロビール | トップページ | コクヨハク2015に行ってみた話 #コクヨ #コクヨハク »

コメント

おおー、カシオ伝統のルックス! 当方も生まれて初めて持ったデジタル時計はまさにこのルックスのモデルだったと記憶しています 以降様々なバリエーションが展開され、中には電卓のキーがズラリと付いたものが出ていた事もありましたね(懐)…そんな流れもあってか、現在の腕時計のメインはG-SHOCKです (^o^)

★彡Tomさん こんばんは!

そうなんですよ、カシオのデジタルウォッチ元祖ってデザインなんですよね。
初期のG-ShockやBaby-Gに通じるデザインでもありますね。

様々なシーンでの耐久性を考えるとG-Shockなのでしょうけれど、日常防水があれば十分なのであとは「壊れたら買い替え」のC/Pでこれになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/61375098

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底した実用主義のデジタルウォッチ「カシオ(CASIO) F-84W-1」:

« そして三度目の「薫り華やぐヱビス」は期待を裏切らないビールです #ヱビスビール #サッポロビール | トップページ | コクヨハク2015に行ってみた話 #コクヨ #コクヨハク »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ