Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« スマートデータリンク Mobizen は思っていたより簡単・便利に使えるアプリだった話。 #ドコモ #タブレットアンバサダー | トップページ | 今年もサントリー「春咲く薫り」を楽しむ季節になりました #サントリー »

2015年2月26日 (木)

PREMIUM 4Gへ進化するドコモのネットワークを体験してきました。 #ドコモ #LTE #PREMIUM 4G #LTE-Advanced

2015年2月25日(水)、ドコモラウンジ(東京、有楽町)において開催された「LTE‐Advanced先行お披露目会」に参加しドコモのPREMIUM 4Gを体験してきました。

DSC06620

1. ドコモの「PREMIUM 4G」とは

始めにNTTドコモ ネットワーク部担当部長 平松孝朗氏からPREMIUM 4Gの概略が説明されました。

DSC06642

2015年3月27日、ドコモのLTEは次のステージ、「LTE-Advanced」へとサービスインします。その発表がなぜ2月25日だったのか、それは国内最速値となる「225Mbps」にかけたのだそうですよ。こんな所が相変わらずドコモですね。(笑)

DSC06644

さて、LTEをより速く、より快適にするために進化したのが「PREMIUM 4G」、

DSC06646
「速さ」と「快適さ」を実現するために新技術「高度化C-RAN」を導入、これは二つの基幹技術で構成されています。

 

DSC06647
「速さの進化」について。それは2つの異なる周波数帯を束ねる「「キャリアアグリゲーション」ですが、ドコモでは2通りの組み合わせパターンを採用しました。

  1. 1.5GHz/112.5Mbps+2GHz/112.5Mbps=225Mbps
  2. 800MHz/75Mbps+1.7GHz/150Mbps=225Mbps

 

DSC06648
400MBの動画データのダウンロード時間が従来LTE比で60%高速化。

 

DSC06649
一方、「快適さの進化」に関しては「アドオンセル」を活用する事で混雑するエリアでも無線容量を増大させスループットの低下を抑えて快適な通信を確保します。

 

DSC06650

この結果、トラフィックが集中する場所での実行速度はLTE比70%アップするとのこと。

 

DSC06653

さらにマイクロセルは基地局をハンドオーバーする際のスループットの落ち込みもカバーします。

DSC06656

特にトラフィックが気になる東京都内山手線エリアでは池袋、新宿、渋谷、品川、新橋、東京の各駅からサービスインし、順次エリアは拡大する予定。

 

DSC06657

一方、PREMIUM 4Gに対応する端末は2014-15年モデルのWi-Fiルーター2種から。
対応スマホは2015年内に順次予定。

 

DSC06659

東京、名古屋、大阪ではさらに高速な262.5Mbps(後述)の体験スポットをオープンしています。

 

DSC06660

225Mbpsを上回る仕組みとは112.5Mbps+150Mbpsの組み合わせです。

 

DSC06661

そして2015年度内には300Mbpsまで高速化。その後、新たに取得した3.5GHz帯を利用して300Mbpsを超える速度を目指すと言うロードマップが紹介されました。

 

2. PREMIUM 4Gを体験する

プレゼンの後、PREMIUM 4Gと従来のLTEとの速度比較デモとハンズオンがありました。

DSC06676 DSC06630

実験的に他の端末を介在させない帯域を使用して、PREMIUM4Gと従来LTEのスループットをリアルタイムにキャプチャしてグラフ化しています。

DSC06670
上:PREMIUM 4Gの実効スループット(リアルタイム)
DSC06671
下:従来のLTE 実効スループット(リアルタイム)

PREMIUM 4Gは最大112.5Mbps(800MHz)+150Mbps(1.7GHz)=262.5Mbps、
一方従来LTEの最大は112.5Mbps(1.5GHz)、(いずれも理論値)ですが、極めてピュアな環境故にどちらも上限近い速度を計測しています。
そしてPREMIUM 4Gは従来LTEに対して2倍以上速い訳ですが、実際のスループットもその通りの値となっていました。

実際は多数の端末が入り乱れて帯域を使用する事になるので、ここまでの数字はなかなか出ないのでしょうけれど、200Mbps近辺でデータ通信が行えれば、これはもはや光ファイバーのそれと遜色ないことになりますね。

また4K動画をストリーミング再生する様子の動画もデモされましたが、コマ落ちやブロックノイズが出ることもなく滑らかに再生されていた点が印象的でした。

 

■ まとめ

既にauとソフトバンクモバイルがキャリアアグリゲーションによるLTE-Advancedを発表/展開済みす。先行2社が「速度」を重点的にアピールしているのに対し、ドコモは最速値を標榜することよりむしろトラフィック集中時のスループット対策を強調していました。最大のユーザー数を抱えるドコモとしてはトラフィックが集中するエリアにおけるスループットの低下がもたらすユーザーの不快感をLTE-Advancedで解消したい、と言うところなのでしょう。サービス開始時に対応する端末が少ない点がやや寂しいですが、今後の展開に注目したいと思います。

なお、MVNO(仮想移動体サービス事業者)でも対応端末を用意すればドコモのキャリアアグリゲーションを使えるそうですよ。その意味でも3月27日のサービスインが楽しみですね。

 

■ 関連サイト

Premium 4G(TM) ~LTEは次のステージへ~


« スマートデータリンク Mobizen は思っていたより簡単・便利に使えるアプリだった話。 #ドコモ #タブレットアンバサダー | トップページ | 今年もサントリー「春咲く薫り」を楽しむ季節になりました #サントリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/61200270

この記事へのトラックバック一覧です: PREMIUM 4Gへ進化するドコモのネットワークを体験してきました。 #ドコモ #LTE #PREMIUM 4G #LTE-Advanced:

« スマートデータリンク Mobizen は思っていたより簡単・便利に使えるアプリだった話。 #ドコモ #タブレットアンバサダー | トップページ | 今年もサントリー「春咲く薫り」を楽しむ季節になりました #サントリー »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ