Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« ローソンの野菜は土作りから始まる話 #ローソンアンバサダー | トップページ | ざ・3Mセミナー 第4回 「表面を変えると変わる、3M!」 #3mjp »

2014年11月25日 (火)

KFCキッズスクールに娘と参加した話 #KFC

2014年11月24日(月)、ケンタッキーフライドチキン(以下、KFCと記します)が主催する「KFCキッズスクール」へ娘と共に参加してきたのですけれど、これが噂に違わず、いやはや、楽しかった!旨かった!と、とても充実したイベントだったのでした。

IMG_3925

■ KFCキッズスクールは子どもが主役


まず、「KFCキッズスクール」とはなにか? Webサイトの説明によると

食育プログラムの一環として子どもたちがバランスの良い食事の大切さについて考え、手づくり調理することの楽しさや美味しさを体験する機会を提供しています。 

スクールの最終カリキュラムは、みんなで一生懸命につくった「オリジナルチキン」をあじわうこと。

と言う事で、ケンタッキーに数あるメニューの中から子ども達自身で調理の楽しさ、美味しさを体験できるイベントです。

参加の資格は小学生、さらに低学年(1~3年生)と高学年(4~6年生)に分かれます。「今回が最後のチャンスだよなぁ」と申し込んでみたらラッキーなことに当選しました。そんな訳で早朝からいそいそと大手町にあるケンタッキーフライドチキン読売新聞本社ビル店へと出かけたのでした。 

今回のKFCキッズスクール、MCはマーケティング戦略企画ユニットの大竹さんです。

IMG_5230

とてもパワフルに司会をされてました!

参加者、KFCスタッフそれぞれの簡単な自己紹介が終わると、いよいよ作業開始。

一テーブルに2組の親子4人が着席、計四テーブルで総勢16名(子ども8名)が参加しました。因みに埼玉県から参加した家族は私達親子だけでした。

 

1. 作業前の準備は入念に

白衣とキャップ(給食着のよう)を着て埃や毛を粘着クリーナー、通称「コロコロ」で取り除いていきます。

IMG_5220 

特に髪の毛は平均的な成人で1日あたり80~100本も自然に抜けるそうで、髪の毛をまとめてキャップをかぶった後には必ず「コロコロ」が必要なのだそうです。 

IMG_5222 

短時間でササッとやってもこれだけ取れました。

続いて手洗い。 

IMG_5227 

専用のブラシと洗剤を使って丹念に洗い、 

IMG_5231 

仕上げはアルコールと滅菌用洗剤で。これも通常のフローです。

 

2. オリジナルチキンを作ろう!

さて、いよいよオリジナルチキン作りです。まず先生がお手本をデモンストレーション。因みにこの方「ORマイスター」の笠原さん、オリジナルチキン作りの達人(マイスター)です。

IMG_3932

鶏(チキン)一羽からオリジナルチキン9ピースがとれるのですが、今回は一人当たり6ピースを使います。

IMG_3935

はじめに粉がよく付くように始めに牛乳と卵の混合液に浸します。

IMG_3937

次に粉がたっぷり入ったバットへチキンを広げます。

IMG_3938

バットの底からすくい上げるように粉をよくまぶして・・・

IMG_3939

チキンを持った手と手の付け根同士を叩くことによって余分な粉を落とします。

IMG_5248

さぁ、次は子ども達が実際にやってみます。実際のチキンはとても冷たくて手がかじかんだそう。

IMG_3944

笠原先生の丁寧な指導により、綺麗に粉が付きました。

 

3. 圧力釜で揚げるぞ!

粉付けが終わったらキッチンへ移動、専用圧力釜(フライヤー)で揚げますよ。 

IMG_3945 

チキンを収めた金属製のバスケットを釜の中へ沈めていく(これを”ドロップする”と言います)のですが、高温の油が入っているために、この作業は笠原先生が行います。 

IMG_5259 

15分で見事なきつね色のオリジナルチキンが出来上がりました! 

 

4. そしてチキンフィレサンドも作りました

今度はチキンフィレサンドを作ります。

IMG_3951

専用カウンターにバンズを並べ、

IMG_5264

専用ガンでマヨネーズを載せて、

IMG_5265

レタスを載せます。本来レタスの分量も決まっているのですが、今回は特別にレタスのせ放題!です!

IMG_5269

レタスの上にチキンフィレを載せ、

IMG_5272

バンズの底部で蓋をし、

IMG_5274

ラッピングして、

IMG_5278

完成です!!

IMG_5282

こちらはスタッフが箱詰めしてくれて、家族へのお土産となりました。

 

5. いただきま~す!

カウンターで子ども店員さんから本日のスペシャル(笑)・オリジナルチキンとドリンクを受け取ります。ちゃんと接客マニュアルもあったんですよ。

IMG_3964-001

 

さぁ、お待ちかね、子どもが作った「オリジナルチキン」をいただきます!!

IMG_5287

これは娘が苦労して手羽先を折り曲げた「手羽」のピースです。

 

IMG_3971

定番のフライドポテト、そして…… 

IMG_3970 

レギュラーメニューにはない謎のベイクドポテト。

実はこれ試作品だそうで、オリジナルのフライドポテトよりも堅い揚がり加減に味付けもかなりスパイシーになっていて、大人向けのフライドポテトと言う趣。

これ、絶対ビールに合うと思いますので、是非商品化してください、お願いします!

 

6. そして修了式、卒業証書をいただきました

楽しく作って、食べて、とあっと言う間にキッズスクールも終盤です。

IMG_5292

一人一人にORマイスターから卒業証書を手渡されました。ありがとうございます。

娘は粉を付ける際の手つきが良かったらしく、大きくなったら是非バイトでKFCに来て欲しい、とスカウトされました。(笑)

 

■ まとめ

KFCキッズスクールで子ども達が体験するオリジナルチキン作りは実際に店舗でのオペレーションをほぼ正確にトレースしています。従ってフライドチキンの元となる鶏肉にはどんな種類があり、それらがどの様にしてオリジナルチキンになるのか、前準備を含めて実際に体験出来た事は、各家庭における台所仕事とは異なり、よい社会体験になったと思います。

実はKFCのオリジナルチキンって店舗スタッフなら誰でも作れる訳ではありません。オリジナルチキンをいつ食べても、どこの店で食べても、また誰が食べても変わらない味で食べられるように、と「COM(コンフィデンシャル・オペレーション・マニュアル)ライセンス)」と呼ばれる社内資格がないとチキンの調理ができないんですね。

この「COMライセンス」を持っているスタッフは全国で約6000人います。さらに技術レベルに応じて4段階のグレードがあり、最上位の「Sランク」保持者は60人(1%)と言う精鋭です。

そして、さ・ら・に!

キッズスクールの講師をしていただいた、”ORマイスター”の笠原さんと羽鳥さん。

IMG_5299
ORマイスター、笠原さん

IMG_5213
ORマイスター 羽鳥さん

”ORマイスター”とはCOMライセンス保持者の頂点に立つ人の事で「S」ランクのさらに上、全世界中でもこのお二人しかいらっしゃいません。

ORマイスターの役割はKFCの「おもてなしの心」と「おいしさへの妥協のないこだわり」を世界中のお客様に伝えるエバンジェリストであり、それ故に「オリジナルチキン」について原材料から作り方やサービスに至るまで、深いこだわりと知識、そして調理技術を習得しています。そしてその高い技術力と知識をもって日本はおろか世界各国でキッズスクール他様々なイベントを開催してKFCの美味しさを伝導しているのだそうですよ。

こんなスーパーな方から直接オリジナルチキンの作り方を教わり、またKFCにまつわる様々なお話しを伺えたことは、親子共々とても有意義で貴重な体験でした。

KFCの皆様、どうもありがとうございました!!


« ローソンの野菜は土作りから始まる話 #ローソンアンバサダー | トップページ | ざ・3Mセミナー 第4回 「表面を変えると変わる、3M!」 #3mjp »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/60717008

この記事へのトラックバック一覧です: KFCキッズスクールに娘と参加した話 #KFC:

« ローソンの野菜は土作りから始まる話 #ローソンアンバサダー | トップページ | ざ・3Mセミナー 第4回 「表面を変えると変わる、3M!」 #3mjp »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ