Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« ヤマハ TRICITY125を公道で乗ってみた感想など #tricity | トップページ | コクヨS&T CamiApp SはCrossPadの夢をかなえるのか? #CamiApp »

2014年8月15日 (金)

サッポロの共創ビール「百人のキセキ・至福のブラウンエール」を飲んでみた #サッポロ

サッポロビールがビール愛好家とFacebook上で共同開発したコラボビール「百人のキセキ・至福のブラウンエール」を飲んでみました。

hyakunin

サッポロビールがSNS(Facebook)を活用してビール愛好家から意見を募りながら新しいビールの開発を行う「百人ビール・ラボ」。ここで作られた第1弾のビール「百人のキセキ」は2013年3月に数量限定でネット販売されましたが、今回、缶パッケージとなってコンビニ限定販売で復活しました。 

では、早速、いただきます! 

IMG_2335 

うむ、これは!

グラスに注ぐとよく分かるブラウンの色味から想像するにかなり濃い味付けなのかと思いきや、相応に深みのあるコクがあるのだけれど見た目ほどに深すぎることがありません。またアロマホップも穏やかにその存在を主張しています。とても上品なまとまりと旨さを感じさせるビールですね。

それにしてもネット上にビール愛好家の意見を募って商品のコンセプト作りを行う、そのアイディはシンプルですが、どの様に集約し具体化したのか、とても大変な工程であった事でしょう。

私もマクドナルドの「みんなのとんかつソース」開発にお客様メンバーとして携わり「共創」を体験しましたが、わずか十数人の一般ユーザーメンバーの中でも味覚の好みは当然の様にバラバラであり、そこにメーカーのポリシーを織り込みつつ意見をまとめていく事がいかに大変な事か、サッポロビール担当の方々、お疲れ様でした。

IMG_2332

 

一方、クラフトビール・マニアの方からするとこのビールは今一つ物足りない、踏み込みが足りないと感じたかもしれません。しかし、これは大手メーカーの宿命である「特定の人をターゲットにするのではなく、マニアもそうで無い人も、全ての人により多く受け入れて貰う商品(ビール)」と言う基本コンセプトを踏襲した結果なのです。マニアックな愛好家の意見だけを取り入れてしまってはマニア層にしか売れません。より多くのビール好きに親しまれる様にチューニングした結果、今の味わいがあるのです。

つまり、より尖ったビールは小回りの利くクラフトビールメーカーに任せておけば良いのであり、大手メーカーはその立場を活かした製品を造るべきでそれこそが存在意義だと思います。

などと、後半は難しい事を書いてしまいましたが、この味が全国のコンビニでサッポロ黒ラベル以上、ヱビス未満の値段で買えるとは、恐るべし、サッポロビール!です。


« ヤマハ TRICITY125を公道で乗ってみた感想など #tricity | トップページ | コクヨS&T CamiApp SはCrossPadの夢をかなえるのか? #CamiApp »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヤマハ TRICITY125を公道で乗ってみた感想など #tricity | トップページ | コクヨS&T CamiApp SはCrossPadの夢をかなえるのか? #CamiApp »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ