Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« iPad Airに必須のアクセサリー 「iPad Air SmartCase」に関する考察 | トップページ | アウトドアデイ ジャパンでサンクトガーレン「蕎麦エール」の樽生を楽しむ »

2014年4月 1日 (火)

丸10年が経過したスカイウェイブ250 TypeS

愛車スズキ スカイウェイブ250 TypeS、購入して遂に丸10年が経過しました。


今回もルーティンの点検項目に加えて半ルーティンとなっているエンジンオイルとブレーキフルードの交換を行い、併せて自賠責保険を2年分で更新しました。自賠責は前回の13,350円からまた値上がりして今回は14,290円でしたよ、嫌になりますね。

さて、気が付けば10年、と言う感じでこれまで大きなトラブルも無くスカイウェイブに乗ってきましたが、ここに来て点検に合わせたかの様にヘッドライト(HID)の不調が見つかりました。ロービームは問題ないのですがハイビームが点灯しません(切り替わらない)。切替用のスライドは作動しているのでバルブの問題か、はたまたバラストの問題か。検証するためにはフロントカウルを全外しとなるのでそれなりの時間とスペースが必要で、少し気が滅入る作業です。

因みにこのHIDは2010年1月に取り付けた物、当時、こんな記事を書きました。

スカイウェイブ250にもHIDを装着

まぁ、いわゆる中華HIDなので耐久性はこんなもの、むしろ4年も保った、と考えた方が良いのかも知れません。

もう一方のハロゲンバルブ、こちらは更に古くて2006年3月に装着しています。

スカイウェイブ250 ヘッドライトバルブの交換

丸8年が経過しましたが今のところハイ・ロー共に問題ありません。

最近夜間走行もめっきり減ったのでHIDを止めてハロゲンに戻すか否か、思案のしどころです。


« iPad Airに必須のアクセサリー 「iPad Air SmartCase」に関する考察 | トップページ | アウトドアデイ ジャパンでサンクトガーレン「蕎麦エール」の樽生を楽しむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸10年が経過したスカイウェイブ250 TypeS:

« iPad Airに必須のアクセサリー 「iPad Air SmartCase」に関する考察 | トップページ | アウトドアデイ ジャパンでサンクトガーレン「蕎麦エール」の樽生を楽しむ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ