Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« 今回が最後なの?ビアフルナイト#2014 #beerfull | トップページ | 超広角レンズ HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedがやって来た! »

2014年3月 4日 (火)

サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」を飲んでみた

2014年3月4日、サントリーから期間限定販売の新ジャンル「春咲く薫り」が発売されたので、早速飲んでみました。

IMG_1627

ニュースリリースに依れば「春咲く薫り」北米産麦芽とシトラホップを使用することにより、豊かなコクと春らしい爽やかな薫りと苦みを実現との事ですが、その謳い文句通り、とてもジューシィーな柑橘系の薫りが鼻を抜けた後にキリッと引き締まった苦みが口中に広がり、喉を通り過ぎると新ジャンルでは珍しく余韻のあるコクが楽しめる一本となっています。

IMG_1626 

最初の一杯はグラスでいただき、その後缶から飲んでもみましたが、印象があまり変わらず。一般的にはグラスに注いで飲んだ方が味も風味もより深く感じるのですが、「春咲く薫り」はとてもよく香る「薫り」の深さの為グラスと缶の差違が小さいのかも知れません。

それにしてもサントリーはこう言う「薫り」を特徴とするビールの作り方が相変わらず巧いですね。 昔からビアカクテルなど作ってきているので「薫り」を調香するノウハウは他社よりあるのかもしれませんね。 

 

IMG_1643

一方、パッケージは深い赤を基調に金をあしらうと言う、何処かで見たことがある感じの物です。そう、去る1月に発売されたヱビスビール「薫り華やぐヱビス」と共通点の多いデザインです。尤もこれはコンセプトやネーミングを考えれば納得できる事ではあります。 上の写真のように並べてみれば似て非なるモノ、は一目瞭然ですし。

 

さてさて、昨年発売されたサッポロの「薫り華やぐヱビス」に続いて、今年はサントリーから「春咲く薫り」が発売され、今後は「華やかな薫りとコク」が春物ビールのトレンドになりそうな予感がします。
こうなると残る二社はどうするのでしょうか?来年は是非春ビール市場に参戦して、私達に選ぶ楽しみを増やしていただければ、と思わずにいられません。

« 今回が最後なの?ビアフルナイト#2014 #beerfull | トップページ | 超広角レンズ HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedがやって来た! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」を飲んでみた:

« 今回が最後なの?ビアフルナイト#2014 #beerfull | トップページ | 超広角レンズ HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedがやって来た! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ