Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« ミヤマ珈琲大宮大成町店 オープン! | トップページ | 福島 三万石の「エキソンパイ」は二度美味しい #福島美味 »

2013年12月25日 (水)

A3原稿をそのままスキャンしたい時~EP-976A3の場合

2013年最後のドキュメントスキャナーによる書類のデータ化を行っています。
A3やB4などのA4を超える大きな書類はテキストが主であれば、キャリアシートに挟んで2ページ分のデータに分割して読み込む事にしているのですが、時としてA3ならA3のまま、データ化したいモノがあります。この様な場面でEP-976A3に付属する画像スティッチング(結合)ソフト「ArcSoft Scan-n-Stitch  Deluxe」がどれだけ使えるのか、試してみました。

IMG_0792

1.「ArcSoft Scan-n-Stitch. Deluxe」とは

EP-976A3に付属する「Scan-n-Stich」はA4より大きな原稿を分割してスキャンし、画像データを繋ぎ合わせてオリジナルの画像にするソフトです。詳細はこちら→ArcSoft Scan-n-Stitch™ Deluxe

使い方は割とシンプルで、例えばA3大の原稿なら3回部分スキャニングを行えば、後はこのソフトが繋ぎ合わせてくれると言う寸法です。

 

2.EP-976A3でA4を超える原稿をセットする時の工夫

最大A4までしか対応しないスキャナーの原稿台にA3の原稿を置くと、自ずと原稿が原稿台からはみ出すことになります。

IMG_0788a

そして、殆どのプリンター複合機は原稿台の長辺方向に原稿カバーのヒンジがあり、はみ出した原稿が干渉します。

ところが、EP-976A3はこのはみ出し部分を上手く原稿カバーから逃がすことが出来る様に工夫がされています。

IMG_0789a

背面から見るとこんな感じです。

IMG_0790a

スキャナーユニットと原稿カバーの間に隙間を設けてあり、ここへ原稿のはみ出し部が通ることによって原稿カバーのヒンジやその他の部分に干渉しない作りになっています。こんな所にも「ときどきA3」の設計思想が盛り込まれているのですね。

 

3.Scan-n-Stichによる分割スキャンの実際

それでは実際にScan-n-StichでA3原稿を取り込んでみましょう。
まずScan-n-Stichを起ち上げ、原稿のサイズを指定します。(今回はA3の原稿です)

SNS_01a

まず原稿の先頭部をスキャンし、次に原稿を180度回転させて最後部をスキャンします。そして最後にそのままの方向で中間部をスキャンする、と言う段取りとなります。

最後の中間部をスキャンする際の位置決めはおよその中間点で構いません。

SNS_05

 

「スティッチ」ボタンをクリックすると3枚の画像を繋ぎ合わせる合成が始まります。

SNS_06

 

SNS_07b

 

上手く繋がりましたね。繋ぎ合わせて完成したデータは以下の通り。

SOS

元の原稿にあった折り目が陰となり画像データ上に写り込んでしまいましたが、データの繋ぎ目は殆ど判らないですね。一枚のデータとして中々の精度で保存データとして充分に実用的です。

 

3.写真を取り込んでみる

次にA3でプリントした写真で試してみました。元データはこちらです。

この画像データをA3フチありで印刷し、Scan-n-Stichで取り込んでみました。

musashino_line_03

この様な画像データでは繋ぎ目がハッキリと出てしまいますね。スキャン領域を超え、かつエッジが明確な画像のスキャンには向かないようです。

 

4.まとめ

A4を超える原稿でもEP-976A3とScan-n-Stichを使えばそれなりに使えるデータとして取り込めることが判りました。但し、本当に「取り込めれば良い」つまりJPEGで取り込めるだけです。複数のページに渡る画像データはJPEG故に個別のデータファイルとなってしまいます。
PDFとして保存できれば複数ページを1ファイルに出来たであろう事がが少々残念な仕様ですが、時々A3書類をまるっとそのままデータ化したい時にあると便利な機能です。

※本記事は EPSON Colorio EP-976A3 モニタープログラムに参加しています。

« ミヤマ珈琲大宮大成町店 オープン! | トップページ | 福島 三万石の「エキソンパイ」は二度美味しい #福島美味 »

コメント

いいですね~!欲しくなっちゃいました。たまにA3を使う必要性が有るモノは基本的に会社の複合機で処理していますが、完全退職した後はどうするか悩んでいました。でもインクの消費量を考えると、A3出力はちょっと難しいかな?とも思います。分割スキャンは大したモノですね!これだけキレイに合わせられるなら十分使い道があります。エッジのたった写真系も上下に少しはみ出しが出るだけで、写真本来の繋ぎは上手くいってるように見えます。まぁ既製品のパネルなどに貼る時には少し白が出るでしょうから許せない場合もあるでしょうが、ボク的には全然オッケーです。詳細な情報、ありがとうございました。参考になりました。

Tight Ropeさん こんにちは!

Scan-n-Stichは単純にソフトウェア処理なのでEP-976A3でなくても原理的には使用できるのですが、A4複合機では原稿のセットがとても面倒でした。
そもそもがA4より大きな原稿を使う前提にないので当然なんですけどね。
「時々A3」用途に使える複合機だと思います。

土屋さん、どもです。
ところでA3光沢紙で写真印刷してみましたか?やはりインク消費量は半端ないでしょうね。インクタンクはA4に比べてかなりデカイですか?EPSONは個体差によって結構ノズルの“詰まり”が頻繁に起きる場合があるのですが、A3機ではそのような現象は起きていませんか?

こんばんは Tight Ropeさん

A3光沢紙(クリスピア)は10枚程プリントしました。
インク消費量はL版やキングサイズのプリントに比べると目に見えて多い事は事実ですが、大判プリントの迫力には抗えません。
光沢紙に気をよくしてベルベットファインアート紙と言うマット紙まで購入してしまいました。
これはキャンバス状の質感を持つペーパーで画によっては興味深いプリントを作れそうです。

インクタンク(カートリッジ)は70L番と言うそれまでの50L番とは異なるタイプで、ややスリムになっています。が、価格も相応に安くなっていてランニングコストは変わりません。

EP-976A3のノズル詰まりはこれまでないですね。
EP-702Aと言う旧世代機もまだ使用していますが、こちらは2ヶ月未使用でも詰まりはありませんでした。どちらも当たりの機種ですね。

土屋さん、A3に10枚とは豪儀ですね〜!でも伸ばしてパネルにしたい写真もたま〜〜〜〜〜〜にあるので、ちょっとやってみたいデス。(笑)

ランニングコストを考えるとトナーになるのでしょうが、やはり美しさと言う点ではインクでしょうね〜。今のCanon MG6230が壊れたら、いよいよA3機を購入してみるかな。ま、その時に年金が崩壊してたら無理でしょうけど。(汗)

おはようございます Tight Ropeさん

いや〜、気が付いたらA3で10枚プリントしていた、って感じです。
やはりそこにA3プリンターがあるとプリントしてしまいますね。
メーカーの思惑にまんま載せられている感はありますが、
プリントサイズのステップアップを図るには大きさ的にも価格的にもバランスの良い機種だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/58708871

この記事へのトラックバック一覧です: A3原稿をそのままスキャンしたい時~EP-976A3の場合:

« ミヤマ珈琲大宮大成町店 オープン! | トップページ | 福島 三万石の「エキソンパイ」は二度美味しい #福島美味 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ