Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« サッポロ 「みがき麦」を飲んでみた | トップページ | SUNTORY アンバービアを飲んでみる »

2012年12月 3日 (月)

Evernote, FastEverとコラボしたコクヨCamiApp FastEver Edition

コクヨのスマホ・タブレット連携ノート「CamiApp」シリーズに新たにEvernote専用ノート「CamiApp FastEver Editon」が加わりました。   
今回、サンプルを頂きましたので、その使用感をご紹介したいと思います。

IMG_2493

キャッチコピーは「手書きノートをEvernoteに最速アップロード!」。   
EvernoteとコラボレーションしたノートはMOLESKINEに続く二社目、と言う事になりますね。

まずその外観から。A5のツインリングノート(黒)です。
IMG_2491 

CamiAppらしいマットなカラーリングにKOKUYO他種々の製品ロゴで象られたEvernoteのロゴマーク(象マーク)が印象的です。とてもインパクトがありますね。

そしてこちらはA6のノート(緑)。

IMG_2492

Evernoteのコーポレートカラー、緑をあしらって正にEvernote専用の趣となっています。

IMG_2495

同社の通常版CamiApp(限定カラー)と並べるとこんな感じ。   

通常版は基本CamiAppのロゴのみでシンプルなデザインですが、FastEver Editionはやはり像のマークが際立っていますねぇ。Evernoteユーザーならこのデザインだけで購入してしまいそうです。

続いて、ノートの中身。   

上がFastEver Edition、下が通常のCamiAppです。

IMG_2499_01

 

IMG_2500_01

通常版ではページの左上にあるアクションマーカーが廃され、代わりに右下に「E」マークが印刷されています。(このEマークをアプリが認識して撮影時に自動で傾きやゆがみを補正します)   

その他の書式は罫線を含めて、通常版と殆ど変わりません。   
細かく見ると最上部の日付・タイトル欄がやや狭くなっている程度の差違です。   
PILOT社のFRIXION BALLで書いてみましたが、紙質も変わりありませんでした。

さて、問題はノートの撮影からEvernoteへのアップロードです。   

本当にFastEver Snap CamiApp Editon(以下FastEver)は"Fast"になるんでしょうか?   
iPad(3G)を使って手順を比較してみました。   
以下のキャプチャー画面、左側がFastEver、右側がCamiAppです。    

IMG_1596_02 IMG_1596_01

1タップ目:それぞれアイコンをタップして起動します。

IMG_1625 IMG_1597

2タップ目:FastEverは撮影画面となりカメラ(シャッター)ボタンをタップして撮影に、
一方、CamiAppにもカメラアイコンはありますが…、

IMG_1626 IMG_1598

3タップ目:FastEverは撮影を終え、「保存」ボタンをタップでEvernoteへ送られます。   CamiAppはここで「カメラ」か「アルバムから選択」を選ぶ事になります。
そこで「カメラ」をタップして…

IMG_1616_01

4タップ目:ようやく撮影モードになりました。
撮影を終えると…キャプチャされたメモが表示されました。

IMG_1619

5タップ目:右上の「送る」ボタンをタップし、

IMG_1623

6タップ目:送る先を「Evernote」に指定し…、

IMG_1624

7タップ目:送り先のノートブックを指定してようやくEvernoteへ送られました。

なるほど、FastEverと名乗るだけあってEvernoteへ送る作業数はCamiAppと比較して半分以下となり、素早くノート情報をEvernoteへ記録することが出来ますね。 

但し、CamiAppもアクションマーカーを使えば撮影後即Evernoteへ送る事が可能となり、実質4タップでアップロードできますので差は縮まります。   
FastEverも撮影が完了したら即アップロード出来れば、起動→撮影の2タップで更に速く作業が終わるので、特に重いiPadでの撮影では重要な要素となりそうです。オプション設定でも良いので仕様追加を是非お願い致します。>FastEver中の方

さてさて、今回比較したアプリはどちらも無料、従って気になるのがノート単体の価格ですね。 従来版CamiAppの希望小売価格(本体のみ)は   

A5版→370円   
A6版→300円

に対し、CamiApp FastEver Editionでは   

A5版→520円   
A6版→450円   

と、従来版の150円増しになってます。   
この差をどう考えるかは、アプリとノートの組み合わせをどう使うのか?で決まりそうですが、コアなEvernoteユーザーならばデザインだけで購入するもアリ、でしょう。

コクヨS&T CamiApp(製品サイト)
コクヨS&T CamiApp FastEver Edition(製品サイト)    

CamiApp(iPhone版)
CamiApp(iPad版)
FastEver Snap CamiApp Edition

« サッポロ 「みがき麦」を飲んでみた | トップページ | SUNTORY アンバービアを飲んでみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Evernote, FastEverとコラボしたコクヨCamiApp FastEver Edition:

« サッポロ 「みがき麦」を飲んでみた | トップページ | SUNTORY アンバービアを飲んでみる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ