Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« 8年を経過したスカイウェイブ250 | トップページ | アサヒスーパードライ・ドライブラックを買ってみた »

2012年4月 4日 (水)

新iPadのインプレッション(2)

iPadはWi-Fi+4Gモデルのモバイル通信における実効速度をSpeedtestにて測定したところ、以下のデータを得られました。

    新iPad 下り 5573kbps 上り 1832kbps レイテンシー 59ms※

    旧iPad 下り 3132kbps 上り     79kbps レイテンシー 117ms※

自宅周辺のSBM回線は比較的空いており、旧iPadでは下りで2~3Mbpsが常時出るところです。この環境で新iPadは下りで6Mbps弱の数字を出しました。上りに至っては旧iPadと比べて10倍以上も高速です。
実際にウェブブラウズを行ってもWi-Fiで接続している場合とほとんど変わらない体感速度で、バッテリーの持続時間を気にしなければ常時3G通信でも良いと思えます。
果たしてこれは高速化したCPUの威力なんでしょうか?それとも無線LANチップの最適化が進んだのでしょうか?
混雑の激しい都内などではここまでの値は望めないとは思いますが、初代iPadから3G通信の性能は向上した事は間違いないでしょう。
7月25日にはプラチナバンドの運用が始まり、併せてHSPA+になれば更なる高速化が期待できますね。
※測定は複数回行い、上記数値はそれらの中位の物をあげています)

« 8年を経過したスカイウェイブ250 | トップページ | アサヒスーパードライ・ドライブラックを買ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新iPadのインプレッション(2):

« 8年を経過したスカイウェイブ250 | トップページ | アサヒスーパードライ・ドライブラックを買ってみた »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ