Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた | トップページ | Evernote 日本語版 2周年記念User Meetup »

2012年3月 1日 (木)

Windows8 Consumer Preview

次期WindowsとなるWindows8のコンシューマーβ版 "Cosumer Preview"が公開されたのでThinkPad X61へインストールしてみました。

最初にWindows Vistaベースの環境に上書きインストールを試みました。インストール前の互換性チェックではカスペルスキーインターネットセキュリティ2012が非対応の他は大きな問題なしとの回答。

その後画面の指示に従ってインストール作業を進める事1時間と45分でようやくスタート画面が登場しました。しかしVistaから引き継がれた物は個人のアカウント情報とパーソナルデータのみでアプリケーションは全滅でした。(私のインストール設定に誤りがあったのかも知れませんが)
いかなβ版とは言え、これでは使い物になりませんね。
そこで気を取り直してクリーンインストールを敢行。こちらはさすがに早くて30分強で終わりました。

で、注目のMetroスタイルです。
以前、windowsPhoneのお披露目ミーティングでMetroUIに触った事があったので、UIに対する違和感はありませんでした。むしろ直感的に触りやすかったです。
が、しかし。
このUIをThinkPadのトラックポイントで操作するところに大きな違和感を感じました。やはりMetroスタイルはタッチしてこそのUIだと思います。

Metroスタイルが目指すところは理解できるのですが、ちょっと急ぎすぎな感じがしますね。
AppleはMacOSXとiOSを統合していくためにヒューマンインターフェイス(ポインティングデバイス)をマウスからトラックパッドへ徐々に移行し、さらにはマルチジェスチャを加えてタッチパネル操作との溝を埋めようとしてきました。この様な移行措置によりMacOSXとiOSは相互に親和性の高い物として認知する事が出来てきています。
Microsoftもハードウェア部分を併せて開発していかないと新しいUIを浸透させる事は困難なのでは無いでしょうか。

« OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた | トップページ | Evernote 日本語版 2周年記念User Meetup »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows8 Consumer Preview:

« OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた | トップページ | Evernote 日本語版 2周年記念User Meetup »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ