Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

フォト

« キヤノン ImageBrowser EX 1.0.1 for Windowsの不具合 | トップページ | iPad Wi-Fi+4G 32GB・黒を入手 »

2012年3月27日 (火)

「ザ・プレミアム・モルツ講座~ビールの最高峰を目指すつくり手たち~」

サントリー武蔵野ビール工場ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座~ビールの最高峰を目指すつくり手たち~」に招待をいただいたので参加してきました。 

IMG_0573

 

 

サントリー・ザ・プレミアム・モルツ(以下プレモルと略します)は3月13日にリニューアルしたのですが、その内容をじっくりと聴いてみたいと思ったのが参加の動機です。

今回、この新製品について素材・製法・そしてパッケージに至るまでを手際よく説明してくれた方が山寺氏です。まだ入社して数年というばりばりの若手ですが氏のビールにかける情熱がヒシヒシと伝わってくる、そんなプレゼンでした。 

DSC02387

まずは素材の進化。新しいプレモルには従来の二条大麦に加えて「ダイヤモンド麦芽」を新たに加えているとの事。

  IMG_0549      IMG_0550

会場には実際に触れて食べられる麦芽のサンプルが置かれていまして、食べ比べてみるとダイヤモンド麦芽の方が二条大麦麦芽に対して甘みが少しばかり強いんですね。   

この風味の相違が新しいザ・プレミアム・モルツの味を決定づけているのだと思います。

製造面では「ダブルデコクション製法」と「アロマリッチホッピング製法」言う方法を採用しています。(詳細はこちら
前者は時間と手間をかけて、より濃厚な味わいを作り出す為のもの、後者は薫り高く華やかなホップの風味を実現する為のもの、これらの製法によってより上質なコクと旨みを実現したのだそうですが、果たして! 

新しいプレモルの印象。それはプレモルらしいホップの香りの高さはそのままに、少し苦みが口の中に残るか?と言う感じ。 そして後味はやや甘みが残るような・・・この辺が以前のプレモルと比べてコクが出たところなのか、と感じられました。   

今回の味付けの変化、それはプレモルらしさはそのままに少しだけライバルのヱビスに近づけた、と言えるかもしれません。ホップの香り高くどちらかと言えば軽めの飲み口だったプレモルがコクを加えて重めの方向へ味の変化を求めたのは第三のビール全盛の市場においてビール本来の存在感を高めるため、だったのかも知れません。

さて、試飲会場のテーブルにはビールと共に食すつまみも種々置いてありました。   

IMG_0577

手前左から時計回りに   

  ・黄色いゼリー→フルーツジュレ パインアップル味    
  ・煎餅→姫てまり ねぎ味噌味    
  ・ナッツやアラレの詰め合わせ小袋   
  ・ビーフパイ    
  ・棒状ドーナツ→黒糖ドーナツ棒(後述)

これらの中で最もインパクトが強かったのが黄色いゼリーのフルーツジュレ パインアップル味です。   
これを一口かじってからプレモルを飲むとあら不思議!   
アロマホップの華やかな香りが更に強調され実にフルーティな味に。しかも後味がスッキリと軽くなって、まるで別物のプレモル、例えればザ・プレミアム・モルツ・アロマ・リッチ(仮称)を飲んだかのようでした。   

このゼリーは表面に小さなザラメの付いたごく一般的な甘いゼリーなんですよ。そんな甘いお菓子をビールのアテにする事自体、ある意味チャレンジなんですが、いや、面白いですね。これがオレンジピールだったら、プレモルはどんな味に変わるのだろう?と実に興味は尽きませんでした。

お次はねぎみそ煎餅。これも同じように一口かじってからプレモルをゴクリと飲んでみます。今度は逆にホップの香りが抑えられコク深くなり余韻も長くなりました。
つまり「ビールを飲んだ!」感が強調される、と言う事です。プレモルは飲み口が軽くとちょっと物足りないな、と言う方には試して頂きたい組み合わせです。 

三番目はビーフパイ。これは先のねぎみそ煎餅より軽めの感じ。コクは出ますがそこそこでキレ味も程良い感じ。三番目に試したので前二者の印象に霞みがちですが、これを最初に食べていたらプレモルの味を全体的に引き立てる様な物となっていたでしょう。

最後に食べた黒糖ドーナツ。これは最初のフルーツジュレに少し似てホップの香りが強調されコクを残しながらもキレが良くなると言う、プレモルの特長を部分的に強調する様な形となりました。 

今まで何気なく食べたり飲んだりしていたビールとつまみですが、飲み方、食べ方によってビールの味が様々に変化するするのですねぇ。自分の好きなビールをどんな食べ物と合わせるとより美味しく飲めるのか?そんな観点でつまみ(食材)を考えてみると、より深くビールを楽しむ事が出来そうです。
単なる新製品の試飲会では終わらない、実に奥深いイベントでした。

« キヤノン ImageBrowser EX 1.0.1 for Windowsの不具合 | トップページ | iPad Wi-Fi+4G 32GB・黒を入手 »

コメント

美味しそうなビールですね〜!
私もプレミアムモルツ大好きです。出張時の帰りの新幹線でお弁当を食べる時は、必ず飲みます。普段は地元のスーパードライなんですが...

くーぺきゃんぱーさん こんにちは!
プレミアム・モルツ、やはり美味しいですねぇ。
最近、ヱビスや一番搾りと飲み比べてみたのですが、
華やかなホップの香りはプレミアム・モルツが一番でした。
アサヒももっとプレミアム系に力を入れて欲しいですね。
スーパードライも悪くはないのですが。(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564936/54309534

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・プレミアム・モルツ講座~ビールの最高峰を目指すつくり手たち~」:

« キヤノン ImageBrowser EX 1.0.1 for Windowsの不具合 | トップページ | iPad Wi-Fi+4G 32GB・黒を入手 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ