Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« マイクロフォーサーズ・パンケーキレンズの比較 | トップページ | 新iPad発売 »

2012年3月15日 (木)

洗濯機の買い換え

たまには白物家電の話でも・・・。

11年ぶりに洗濯機を更新しました。

これまで使ってきたのはナショナル(現パナソニック)の全自動洗濯乾燥機「NA-FD8000」と言うもので、洗濯機に可能機能が付いた走りの時期のモデルです。

買い換えの切っ掛けは脱水停止時に洗濯機本体が暴れて(踊って)大きく動いてしまう事から、でした。
サービスセンターへ問い合わせたら「防振つり棒」なる物の劣化が怪しい、との事でしたが問題は部品が無い事。代替修理を行うとかなり高額な費用となること等を告げられ買い換えを決意。

我が家の使い方ではもはや乾燥機能は不要(雨天時でも部屋干しで充分乾燥可能)なので、ポイントは容量のみ。乾燥機能を捨てる事でより安価な機種を探す事が出来ました。

その結果、購入したのが日立のビートウォッシュ「BW-8MV」です。

IMG_0455

パネル色はブルーとピンクがありましたが、ピンクの色合いが落ち着いていた事とパウダールームを暖色系にしたかったのでこちらを選びました。

使ってみてまず感じた事は洗いに使う水量が減ったな、と言う事。同じ洗濯物の量で先代では52~55Lだったのがビートウォッシュでは43~45Lと2割ほど少ない表示になっています。洗濯に要する時間も長くはなっておらず洗浄力は劣りません。これがビートウォッシュの高価なんでしょうね。
さらに洗濯コースも増えてよりきめ細かな設定が可能です。脱水終了後に洗濯物を上下させて絡まりを解してくれるところも何気に便利です。こう言うところに10年来の技術の進歩を感じますね。

一方、今一つな所は簡易乾燥機能を洗濯開始後に追加設定できない事。洗濯量との兼ね合いもあるのでしょうけれど、これは洗濯量を事前に計るのですからそれで判断しても良いと思います。ちょっと融通が利かない感じですね。
又、内ぶたが無いためか動作音が先代と比べると大きいです。こちらは生活空間と離れている事もあって気になるほどではありません。

使ってみないと判らなかったような気になる点はあったものの、総じて満足のいく買い物でした。後は7年間故障しない事を願うのみ、です。

« マイクロフォーサーズ・パンケーキレンズの比較 | トップページ | 新iPad発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機の買い換え:

« マイクロフォーサーズ・パンケーキレンズの比較 | トップページ | 新iPad発売 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ