Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« キリン 麦のごちそう | トップページ | OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた »

2012年2月23日 (木)

麺や しし丸

IMG_0374

埼玉県は鴻巣市にある、2/14に開店したばかりのラーメン店です。一部で評判なのでよってみました。

IMG_0373

オーダーは看板とも言えるつけ麺。
付け汁は魚をベースにした醤油味でつけ麺らしくコッテリとしています。
麺はかなりの太麺です。つけ麺という性質上、麺が太くなるのは必然だと思います。
割り下が出てくるので付け汁はスープとして飲む事が出来ます。
これはこれで美味しかったなぁ。

難点は麺が冷めているので、付け汁を通しても冷たかった事ですね。
個人的には暖かい麺でいただきたいのです。

麺や しし丸
埼玉県鴻巣市箕田4048-6
営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30

« キリン 麦のごちそう | トップページ | OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた »

コメント

しゃむ吉さん、
つけ麺は麺とつけ汁が美味しくないとダメですよね。うちの近所にある評判のつけ麺店は麺は良いのですがつけ汁が個人的には好きになれず、2回ほど行ったきりです。
つけ麺専門店と言う訳ではないのですが、私が週末に時々寄る店は麺もしっかり湯通しができていて、冷たくしかも麺が固まっているなんて事はありません。つけ汁は電子レンジで加熱はしているものの、味はしっかりとしていて私好みの味付けです。つけ麺店はその店の看板メニューは何かによって客足が左右するような気がします。私は味噌だれは好きでなく、さっぱりとした醤油だれの方が好きです・・・・。

鼻毛石さん、こんばんは!
つけ麺の麺ってやはり暖かい物が定番なんでしょうか?
偶々なのかは判りませんが、冷たいと言うより冷めた感じでした。

でもつけ汁は本文にも書いたとおり美味しかったですよ!
また機会を作ってリベンジしてみたいと思ってます。

こんばんは、つけ麺には少々アレがある★彡Tomであります、押忍!w

つけ麺のスタンダードは現在のところ“冷たい麺+温かいつけ汁”とされています(東池袋大勝軒を発祥とするもりそば=つけ麺の諸々の経緯より) 茹で上がった麺を水にさらしてから水気を絞り(“〆る”と呼ばれる作業)、その後お馴染みの「ちゃっちゃ」(ざるでの水切り)を経て器に盛られたものがそのまま提供されるわけですが、一方で“あつもり”と呼ばれる麺を温かいまま出す形式もほとんどのお店でやっています こちらは麺を前出の“〆”の後に再び茹で釜に戻し、熱々になった状態のものが提供されます 冬などはこちらもオススメですね…ちなみに私はかまわず一年中食います>あつもりw

麺が固まってしまうのはおそらく前記の“水切り”がかなりきっちりとなされているために食べ進める一方で麺が乾いて来るためと思われます 少しだけ水気の残っているようなくらいのほうが時々麺を弄り回してしっとりさせられるので、私的には好きです

このところ放置気味ですが、当方ブログでもつけ麺に関連する日記がいくつかありますので、よかったらぜひサイト内検索で拾い読みしてみて下さいませ!

★彡Tomさん、こんにちは!

なるほど〜、つけ麺の麺にもスタイルのがあるのですねぇ。
つけ麺初心者には勉強になります。
今思い返すに、私が食べた時の麺状態は「つめたい=冷やした」感じでは無く
「さめた=冷たくなった」感じだったの記事の印象になったのだと思います。
付け汁を温め直すIHヒーターが置いてある事から、本来は冷たい麺で食すスタイルなのでしょうね。
リベンジして確かめたいと思います。
貴サイトも参考にさせて頂きます!m(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺や しし丸:

« キリン 麦のごちそう | トップページ | OLYMPUS PEN E-PL2を入手してみた »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ