Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« ThinkPad X61のWindows7とSSD導入 | トップページ | フレッシュネスバーガー »

2012年1月26日 (木)

ThinkPad X61のSATA

さてOSをWindows7 Proに、内蔵ストレージをHDDからSSDへ換装して快適なThinkPadライフを送っている訳ですが、ベンチマークを計ってみて気になる事がありました。

 

定番のベンチマークソフト、「CrystalDiskMark」で測定してみるとこんな結果でした。

-----------------------------------------------------------------------   
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo   
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/   
-----------------------------------------------------------------------   
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   134.123 MB/s      
          Sequential Write :    81.716 MB/s   
         Random Read 512KB :   123.056 MB/s      
        Random Write 512KB :    62.651 MB/s   
    Random Read 4KB (QD=1) :    13.747 MB/s [  3356.1 IOPS]   
   Random Write 4KB (QD=1) :    19.455 MB/s [  4749.7 IOPS]   
   Random Read 4KB (QD=32) :    42.818 MB/s [ 10453.5 IOPS]   
  Random Write 4KB (QD=32) :    22.639 MB/s [  5527.2 IOPS] 

  Test : 1000 MB [C: 45.1% (26.9/59.5 GB)] (x5)   
    OS : Windows 7  SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

ふむふむ、かなり高速ですね、と当初は感じていたのですが、よく数字を観てみるとsequential readで134MB/sec、random writeで123MB/secって公称値の半分ぐらいじゃない?と。   
同SSDの実測データをWebで探してみるとreadで230MB前後、writeでも200MB前後をマークしている人が多いんですよ。   
おかしいなぁ、とググってみたらなんと!ThinkPad X61に搭載のチップセットi965のSATAは規格上SATA2(最大300MB/sec)なんですが、何故かリミッターがかかっていてSATA1並の150MB/secが上限なんですと。道理で上記のような数字しか出ない訳ですね。 

更にググってみると非公式のカスタムBIOSが公開されていて、これを適用すれば本来のSATA2の能力を発揮できるようになるとの事です。非公式と言う所が怪しげではありますが、自己責任という名の下に適用してみました。

-----------------------------------------------------------------------   
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo   
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/   
-----------------------------------------------------------------------   
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s] 

           Sequential Read :  238.964 MB/s   
          Sequential Write :    91.054 MB/s   
         Random Read 512KB :   193.793 MB/s      
        Random Write 512KB :    55.395 MB/s   
    Random Read 4KB (QD=1) :    13.907 MB/s [  3395.2 IOPS]   
   Random Write 4KB (QD=1) :    19.943 MB/s [  4868.9 IOPS]   
   Random Read 4KB (QD=32) :    50.481 MB/s [ 12324.4 IOPS]   
  Random Write 4KB (QD=32) :    24.851 MB/s [  6067.1 IOPS] 

  Test : 1000 MB [C: 51.6% (30.7/59.5 GB)] (x5)   
    OS : Windows 7  SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

おぉ、かなり高速化しました。体感速度も少し速くなったように思います。因みにこの非公式BIOSはLenovo非純正の拡張カードも使えるようになったりするそうです。   
あっ重ねて書いておきますが適用した後の所作は全く保証できません。呉々も自己責任である事をお忘れなく。

« ThinkPad X61のWindows7とSSD導入 | トップページ | フレッシュネスバーガー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X61のSATA:

« ThinkPad X61のWindows7とSSD導入 | トップページ | フレッシュネスバーガー »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ