Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« iPadの車載方法 | トップページ | lenovo Ideacentre A700 (1) »

2011年5月24日 (火)

Eye-Fi Connect X2

Wi-Fi内蔵のSD型メモリーカードです。

このカード、ダイレクトモードなる物を使うとカード内の写真(や動画)をiPad(やiPhone、iPod touch)へWi-Fi経由で直接送れると言う触れ込みなんですよ。

と言う事はLumix DMC-GF1にこのカードを入れてiPadを持って行けば、撮影した端から写真がiPadへ転送されるので、思い立ったらTwitterで写真をアップできる訳ですよ、まるでiPhoneを使っているかのように。勿論「Apple iPad Camera Connection Kit」を使ってケーブルやカードを接続する必要もありません。

これは素晴らしい!と言う事で4GBタイプを購入してみました。購入先はお馴染みのAmazonです。

まずこいつを使い始める前には準備が必要です。

付属カードリーダーでiMacに接続しカード内の専用ソフトをインストール。その後Eye-Fiカードを挿して転送の設定を行います。今回はダイレクトモードでカメラの起動後1分間という設定にしてみました。

次にiPadへEye-Fiアプリをインストールしダイレクトモード用のSSIDとパスワードを設定します。これで準備完了です。

そのダイレクトモードですが、これはどんなカメラでも可能と言う訳にはいきませんでした。基本的にはウェブサイトに記載されている対応機種を使うのが無難でしょう。

手持ちのカメラで試したところ、

Panasonic DMC-GF1 ○

同 DMC-FP1 △

Canon IXY Digital 930IS ×(カードの挿抜困難)

Pentax K-m ○

SONY α550 ◎

Konicaminolta α-7 Digital ×(CFアダプタ経由で送信されず)

α550は縦位置自動回転したデータが転送され現状ではベストマッチです。GF1とK-mはカメラ内で縦位置自動回転しないので○としました。

FP1は転送は出来るものの非常に遅いんですよ。電力が弱いんでしょうか。△としましたが実用的には疑問です。

IXYはカードの抜き差しが困難なのでこの時点で実用不可としました。よってダイレクトモードは試していません。

Eye-Fiカードは最厚部で2.2mm、通常のSDHCカードは同部で2.1mm、コンマ1mmの厚みの差が問題となったようです。

今回試した中ではデジイチだとバッテリー容量と消費電力の点で余裕があるんでしょうか。撮影を開始すると程なく結構な速度でiPadへ転送されていきます。これは気持ちよいですね。撮影後直ぐに大きな画面で画像を楽しめる、iPadがワイヤレスのフォトストレージになりました。

懸念点はカメラ、iPad共にバッテリーにどの程度影響を及ぼすか?ですね。これは長時間テストに持ち出さないと判りませんが、Wi-Fiの起動時間を出来るだけ短く設定しているので心配はしていません。

« iPadの車載方法 | トップページ | lenovo Ideacentre A700 (1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eye-Fi Connect X2:

« iPadの車載方法 | トップページ | lenovo Ideacentre A700 (1) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ