Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« Panasonic DMC-GF1発表 | トップページ | 新型(第5世代)iPod nano登場! »

2009年9月 5日 (土)

ブリヂストン タイヤセーフティー ドライビングレッスン

栃木県那須塩原市にあるブリヂストン プル-ビンググラウンドにて開催された表題のセミナーに参加してきました。その内容はこちらをご覧いただくとして、印象に残った事をいくつか。

1.各種点検「ブタと燃料」

「ブ」=ブレーキ、「タ」=タイヤ、「と」=灯火類、「燃料」=燃料の語呂合わせなんだそうですが、まずブレーキ、これはペダルを踏み込んだ時の位置が重要なのだそうです。ペダルを最後まで踏み込んで膝が軽く曲がるくらい、が適切な位置とは教則本にも書いてある事ですが、この時の調整はエンジンをかけた状態で行う事。エンジンがかかっていない場合はサーボの関係で踏み白がだいぶ手前に来ており、走行時は踏み切れない位置となるので×だそうです。

なるほどねぇ~、確かにそうですよ。でもディーラーなどに行って試乗車に乗る時にでポジション合わせをしますが、まずエンジン始動前でした。反省その1です。

次にタイヤ、溝の残り具合、傷の有無などを目視によって確認するのですが、前輪はハンドルを切ってみる、後輪は後ろから覗き込んで見る事が肝要だそうです。

運転前に見る事はあってもホイールハウスから見える範囲で、でした。反省その2。

そして灯火類。立ち寄ったコンビニのウィンドウにウィンカーや各種ライトを映してみると簡単に確認できるとの事。なるほど、そう言う手があったか。これは目から鱗。

最後は燃料。残量の確認はもちろんですが、減っているからと言って満タンにしない事も省燃費には有効、と。確かにそれはそうですが・・・。

普段、運転前にそれなりには確認していましたが、今ひとつ丁寧さが無かったと言うかずさんな確認方法であった事を思い知らされました。

2.ブリヂストンは旧い車の専用タイヤも供給している

生産中止になった車のタイヤでもおよそ15~20年位は作り続けるそうです。これは旧いバイクを所有していた事もあるのでよく分かります。驚いたのは車種専用タイヤ。例えば生産が終わって久しいホンダのNSX、これは専用のポテンザを履くのですが、車自体の生産は終わっても専用タイヤはまだまだ供給(生産)しているのだそうですよ。どの程度需要があるのか(減る事はあっても増える事はまずありません)不明ですが、こんな場合でも作るのだそうです。勿論利益はないそうです。

3.ABSブレーキの急制動

肝は「最後まで踏み抜き、止まるまで緩めるな」です。ABSはブレーキペダルを最後まで踏む事で最大の効力を発揮する、よって中途半端に力を抜く事は効力を弱める事になりむしろ危険との事。

ABSの無い時代に免許を取った私は「ブレーキング時、ロックさせないように減速する」事が常識でABS付きの車に乗るようになってもABSが作動しているような場面では「あっ、やばいABSが動作している!ロックするような状況だからロックしないようにしなければ!」と反射的に操作してました。これが実は全くの誤りだった訳ですね。

実際、ウェット路面のコースでアクセル全開80km/hrからの急制動するレクチャーを受けましたが、ブレーキペダルを踏み続ける事でABSのキックバックはありましたがロックしている感じはありませんでしたし、だからこそ車の挙動もスピンなどすることなく安定して止まれました。

繰り返します。ABS使用時の急制動は「車が止まるまでブレーキペダルは思い切り踏み抜く」、これが常識です。

4.シートベルトは5km/hrでも有効

例え5km/hr程度の極低速でも予期せぬ急制動がかかると体が前へ持って行かれます。運転者はともかく同乗者は正に予期できません。「私は急ブレーキを踏むような運転をしないから・・・」は全く当てになりません。「大人だから大丈夫、直ぐに対応できる」も無意味でした。

5.ドライビングポジション

一番大きいと感じたのは「座面の一番奥に座る」と言う事です。座面と背もたれにピッタリと背中とお尻が付くように座る感じですね。帰路はこれを強く意識して座ってみたところ、丸一日のレッスンで体が疲れているにも関わらず往路よりも楽に運転が出来ました。自分が楽だと思っていた姿勢は実は全く楽ではなかったと言う事ですね。

朝から晩まで座学よりは実習主体の運転講習でしたが、日常の運転では体験する事の出来ない事ばかり、とても実りの多い一日でした。この様な講習会、どこでもやっている訳ではないですが、機会があれば参加される事を強くお勧めします。今までの自分の運転方法がいかに偏っていたか、これまでの常識は実は非常識だった、などなど気づかされる事が多いからです。

« Panasonic DMC-GF1発表 | トップページ | 新型(第5世代)iPod nano登場! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン タイヤセーフティー ドライビングレッスン:

« Panasonic DMC-GF1発表 | トップページ | 新型(第5世代)iPod nano登場! »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ