Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« 3周年を迎えたiMac G5 | トップページ | PENTAX DA 70mm F2.4 Limitedの使い心地 »

2008年12月17日 (水)

MacBookのHDDを交換

いつの間にかHDDの空きが20GBを切っておりまして、これでは予定しているビデオ編集もままならない、と言う事でMacbookのHDD換装計画発動であります。

12/18追記

外れてしまったゴム製マウンタ(ガイド)はなんとか本体を分解することなく再装着できました。

いつの間にか2.5inchのS-ATA HDDも安くなっておりまして、500GBで1万円を切っています。これはMacbook Airでも採用されているSSDが急速な勢いで普及し始めた事にも依るのでしょうか。

今回換装の対象に選んだブツはWestern Digital社のWD5000BEVTと言う500GBのHDDです。バッファーは8MBでディスクの回転速度は5400rpm、といたって標準的な性能のものですが、現段階で最大容量のHDDであるところがミソです。

Wd_hdd_1

左側がMacbookオリジナルの80GB、右側がWD社500GBです。実に判りやすいラベルが貼ってありますね。因みにオリジナルは富士通製でした。

交換作業はさくっと終わるかと思いきやトラブルが発生しました。

Wd_hdd_2

なんと!こんなものがHDD装着部から出てきましたよ!ゴム製のこれはどうやらHDD側部にあたるガイドレール兼ショックアブソーバーのようです。経年変化で接着剤が劣化しHDDと共に出てきてしまった模様。しかし、これをどうやって元に戻したモノか・・・。やはり上部ケースを外してみるしかないでしょうか。しばらくの間は持ち運びを慎重に行う事にして見なかった事にします(苦笑)。

そんなトラブルを乗り越え(無視して)、最後はお約束のシステム復元です。こちらはTime Capsuleを使い最新のバックアップから書き戻して約1時間であっさりと終了。再起動してSafariなどを起ち上げてみるとファイル操作は体感で従来の20%向上っと言った感じ。やはり最新のHDDは気持ちよいモノですね。動作音もかつてのWDからは想像できないくらいに静かでこれはお勧めの一品です。

« 3周年を迎えたiMac G5 | トップページ | PENTAX DA 70mm F2.4 Limitedの使い心地 »

コメント

しゃむ吉さん、
最近はSSDがだいぶ普及してきてますね。ただ、アップルストアのカスタマイズでSSDを購入すると値段的にはまだかなり高いです。話に寄れば、家電量販店等で購入するとそれほど高くないとのことらしいですが、私のところではまだ、HDが主流になってます。

前回、投稿エラーが出てしまったので、今回はhpのnx4800からIE6を使って投稿してみました。

鼻毛石さん こんばんは!

市販のSSDはかなりのところまで安価になってきています。
が、今ひとつ製品としての安定性に欠ける物もあるようです。
ハードな使い方をしなければまだまだHDDの方がC/Pは高いと思いますよ。私も当面はHDDを使い続けます。

※今回の投稿は大丈夫のようです。ご心配をおかけして申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookのHDDを交換:

« 3周年を迎えたiMac G5 | トップページ | PENTAX DA 70mm F2.4 Limitedの使い心地 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ