Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« WBC | トップページ | FinePix Z2 インプレ その2 »

2006年3月22日 (水)

富士フイルム FinePix Z2を購入

久しぶりのデジカメネタです。
富士写真フイルム(以下Fujiと略)のFInePixシリーズ中スリム・コンパクトタイプのZ2を購入しました。

2006_03_22_01

これまでのデジカメ購入スキームである「型落ちで実売2万円近辺を狙う」からは外れましたがそれでもかなりリーズナブルな価格で入手出来ました。

Z2にはカラーバリエーションが4色あります。
PowerBookに合わようとシルバーにしたのですがしかしてこのシルバー、カタログやWebの写真で見るのとはかなり雰囲気が違ってPowerBookの様なシルバーではなく、少し茶色がかったいわゆるシャンペンシルバーだったのでした。
(そうです、例によって実物(モック)を見ずに決めています(笑))
そしてこの色、奇しくもKD-510Zと同系色でした。
2006_03_22_02
さて、久しぶりに型落ちではないデジカメを手に入れたのインプレッションを少々書いてみます。

初めてのFuji、と言う事もあって、まず手間取ったのがメニュー周りです。勿論、今時のカメラですからマニュアル無しでも何とかなるんですけれど一つの機能を設定し終えるといきなりメニューから抜けてしまうのがちょっとアレでした。
「決定」してしまうと一つ前の階層に戻るとかメインメニュー画面に戻ると言う事が無いのですよ。連続して機能設定を行いたい時などは、いちいち最初の画面から始まると言うのは正直いらつきました。

各種動作はキビキビとしていて不満はありません。
最高解像度での記録ではやや待たされ感もありますが、気になる程ではありません。
自慢の高感度設定はISO1600まであります。ざっと試したところでは400までまずまず、800から画質が気になりだします。1600では推して知るべしですが、設定値がある事自体凄い事だと思います。

面白いのがAUTOでストロボ自動発光時です。
なんとISO640になるんですよ。3/30訂正 ISO640になることが多いです。
いろんなシーンで試した訳ではないのでその意図がまだよく分からないんですがなんで640まで増感するんですかねぇ。
画的にはそれほどノイジーでもないのですが、せめて400とかで抑えておいてくれれば。
勿論、ISO固定にする事も可能なので使い方次第でつぶしは効くのですけれど。

話変わって、Z2にはクレードルが付属しています。
クレードルを使って充電&画像転送が出来る様になっています。と言うかクレードルを使わないと標準では充電出来ません。
従ってクレードルを常用する事になり、USBで接続すれば画像転送出来る事からカードリーダーは当面購入を控えようと思っています。クレードル経由の転送速度もまずまずなので困る事もなさそうです。いやクレードルを遅めのxDカード専用リーダーと考えれば汎用カードリーダーは必要ないでしょう。

半ば思いつきで購入したFinePix Z2ですが、その第一印象は予想以上に好印象でした。
しばらく常時携帯して使いまくってみたいと思います。

« WBC | トップページ | FinePix Z2 インプレ その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルム FinePix Z2を購入:

« WBC | トップページ | FinePix Z2 インプレ その2 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ