Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« Bフレッツ・マンションタイプ開通 | トップページ | PocketPCでTV »

2004年11月26日 (金)

コニカミノルタ α-7Digitalを試す

キタムラへ行って手持ちのレンズを試してみました。

 

 

手持ちのα用レンズは3xiを購入した時に付いてきたSIGMAの35−80mm(f4-5.6)、同70-210mm(f4-5.6)と言うありがちなダブルズームセットとちょっと奮発した同じくSIGMAの28mm(f1.8)の3本です。   
いずれも既に10年以上も前の、しかも旧ミノルタ純正のレンズでは無いので実物を触る前に勢いで予約してしまうのはちょっと躊躇われたのでした。   
これらのレンズ3本とPowerShotで使っている256MBのCFカードを持っていざキタムラへ!   
店員さんにα7のデモ機を出してもらい、35-80mmから装着してみました。AS(手ぶれ補正機能)スイッチを入れ「S」モード(シャッター速度優先モード)でファインダーを覗きながら徐々に速度を上げて行くと手ぶれ警告のアイコンが点滅しましたよ!\(^o^)/   
残りの2本も同じように警告が出ました。又ASスイッチのオン・オフで手ぶれ補正の効果も3本のレンズで確認出来ました!!   
いや、すばらしい!!昔のレンズでしかも非純正。それでも手ぶれ補正機能の恩恵に与れる訳です。

 

CANONやPENTAX、NIKONのデジタル一眼でも銀塩一眼のレンズは使えますが、これはある意味使えて当然です。α-7はその使えて当然から一歩進んでデジタルならではの手ぶれ補正機能まで使えるようにしました。遅れてきたから当然?そう、当然ではあります。だがしかし!私は昔のレンズを最新の技術で甦らせるこの技術を「買い」ます。これこそが考え得る最高のギミックだと思えるからです。

 

その場で(遅ればせながら)予約を入れたのは言うまでもありません!!(笑)   
因みに画質モードは最高のエクストラ・ファインで256MBでは約45枚ほど撮れるようです。   
又Exif情報でレンズの焦点距離はレンズ本体の情報が記録されます。(当たり前か)

« Bフレッツ・マンションタイプ開通 | トップページ | PocketPCでTV »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コニカミノルタ α-7Digitalを試す:

« Bフレッツ・マンションタイプ開通 | トップページ | PocketPCでTV »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ