Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« Dothan、ようやく発表! | トップページ | 在宅自己交換修理 »

2004年5月12日 (水)

VAIO Type UとMURAMASA PC-CV50F(W)

タイトルの二種、敢えてこの括り(旧PDAジャンル)に入れて語ってみますが

怒濤の如く「VAIO第2章」製品群が発表になりました。
ノートPC群はネーミングの割に今ひとつの感が強かったんですが、そんなラインナップの中で異彩を放っているように見えたのが「Type U」です。前作のUシリーズにカテゴライズされるハンディタイプですが、思い切ってキーボードを外付けにし、なんだかCLIEをPC相当にパワフルにした、そんな感じですな。PDAでやりたいことに従来機では力不足感があって・・・、なんて人には向くのかも知れません。
で、そんな立場から見てみるともはやお約束ですが「バッテリ駆動が2時間だなんて使い物になるのか?」と疑問が。キーボードを使うような従来のPCライクな使い方ではACアダプタを使うことも吝かではありませんが、AVプレーヤーとして使う場合に2時間ってのはどうなのか?と。

あと、付属の折りたたみ式キーボード、かつてのC1のそれを取り外してみたって感じですが、私的にはこの種のギミックはWorkPadでの経験上持ち歩きませんので特に可もなく不可もなし。でもUSB接続ならばIBMのトラックパッド付きスペースセーバー・キーボードを組み合わせてみたいところではあります。

一方、シャープもMURAMASAシリーズをリニューアル、その中でもPC-CV50Fは久しぶりのミニノートPCとも言える物ですが、その外観はリナザウを大きくして機能アップした様な感じ。こちらもリナザウと言うPDAに力不足を感じる向けでしょうか。キーボードが在ると言う当たり前な利点は横へ置き、この小ささでこの画面解像度(SXGA)、凄いっすね!「フォントは見えるのか?」とこれまた素朴な疑問も生じますが、既にケータイで極小フォントが当たり前になっている現在では問題にならないのでしょう。従ってこれだけでも存在意義があろうという物。また標準バッテリの駆動時間はType U同様に短めですが、デカバが用意されている所は流石シャープ、抜け目がないですね。

と言う訳でPDA的使い方を狙った感じのミニノートPC二種ですが、今回はMURAMASAにより注目って事で。

« Dothan、ようやく発表! | トップページ | 在宅自己交換修理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAIO Type UとMURAMASA PC-CV50F(W):

« Dothan、ようやく発表! | トップページ | 在宅自己交換修理 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ