Google PR

Amazonのお勧め

  • Amazon期間限定プロモーション

関連する記事

他のアカウント

フォト

« 任意保険の更新 | トップページ | タイヤ交換 »

2004年5月 1日 (土)

スカイウェイブ慣らし終了!

慣らしの最後はワインディングと高速道路を一走り・・・

スカイウェイブの慣らし運転もいよいよ最終段階です。
と言う事でちょこっとミニツーリングへ行ってきました。
行き先は昨年秋にセローで行った栃木県は足尾方面です。

2004_05_01_01
まずは東北道岩槻ICから栃木ICまで高速走行。慣らし中のため巡航速度は80km/hをキープ。この時エンジンの回転数は5,250rpm辺りで落ち着きました。
栃木ICを降りてからは足尾に抜ける舗装林道を走った訳ですが、ここでもエンジン回転数を最大5,000rpmまでにキープするようにして走りました。スカイウェイブ250の最大トルクはカタログによると6,500rpmなんですが、どうもこの5,000rpm近辺で既にMax近くを発生するようで、特別力不足は感じられませんでした。

しかし、アレですよ、攻め気味のコーナーリングは難しいですね。特に低速コーナーではアクセルを戻していると20km以下でクラッチが自動的に切れちゃいます。
また左コーナーでは直ぐにサイドスタンドを擦ってしまってバンク角が不足します。結果、コーナーリング中にトランクションはかからない、バンクさせられない、でドアンダーでした。(笑)いやはや「慣れれば速い」のかも知れませんが、なかなかどうしてビッグスクーターのコーナーリングは奥が深いです。

帰り(復路)は日光・宇都宮道路から宇都宮IC→東北道→岩槻ICのルート。こちらも80km巡航をキープで何度か眠気で意識を失いました(危ないっすね)が、平和そのもの。高速道路を淡々と走るのならば250ccでも不足は感じられません。

装備面で特筆すべきはやはりシート下のトランクでしょう。カタログ値では55LとTDMに付けていた28Lのパニアケース二個分に相当しますが,、これらにはヘルメットが入りませんので比較になりません。
見方を変えればGiviやKlauserにある最大のトップケースを付けているようなものですね。しかもシート下で重心を低く抑える事が出来ますから言う事無しです。原付のメットインと違ってカーペットも敷いてある豪華版です。唯一の難点がこのカーペットでしょうか。濡れた物をそのまま放り込むには勇気が要ります。(笑)

そんなこんなで、早速納車後の初回点検に出してきました。これでいつでもアクセル全開OKです。
乗るたびにこれまでのギア付きバイクとは違う発見があってビッグスクーターの面白さを体感しています。この車とは長い付き合いが出来そうです。

« 任意保険の更新 | トップページ | タイヤ交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイウェイブ慣らし終了!:

« 任意保険の更新 | トップページ | タイヤ交換 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleの広告

DELLのお勧め

  • 今週のセール
    デル株式会社

アウトドア&スポーツ ナチュラム

  • キャンプ用品はこちら
    アウトドア&スポーツ ナチュラム

ワイモバイル

  • ワイモバイルオンラインストアのお勧め

楽天のお勧め

  •   
無料ブログはココログ